開業融資の出やすい業種は?(スナック編)

創業者向け一般コンテンツ

「スナックで融資を受けることはできるのだろうか?」
「どこの金融機関が貸してくれるのだろうか?」
「風俗店との明確な違いは?」

これからスナックの開業に必要な資金の融資をお考えの方の中には、こんなことでお悩みの方
も多いのではないかと思います。

「スナック」は、古くからある飲食系の分野ではありますが、営業の形態としては
風俗営業との境が曖昧になりやすいこことから、この点について注意しないと融資を受け
ることができなくなってしまいます。

スナックの営業では開業資金の確保や保健所の営業許可は当然ですが、それ以外に
も風適法、深夜酒類提供の届け出など、通常の飲食店とは手続きが必要となる場合
があります。

以下、これらについて解説していきます。

風俗営業との違いと必要な許可・届け出 

原則として、スナックでの営業は「保健所の営業許可」を取得して行うものとなります。
しかし、通常は女性を置いてお客への接客を行うことから,この点が風俗営業に当たらないか
どうかが問題となります。

風適法によれば、カウンターを超えてお客に同席する、特定のお客と長時間にわたっ
て歓談するなどの行為は「接待行為」に該当するものとされています。

このような接待行為をするためには風俗営業の許可を取らなければなりませんが、そ
の場合にはスナックの分類からは外れるだけでなく、通常の金融機関からの融資が受
けられなくなることに注意が必要です。

また、通常のスナック営業をする場合であっても、深夜0時を超えて営業する場合には
保健所の営業許可の他に、警察に対して「深夜酒類提供の届け出」というものを提出し
なければなりません。

保健所の営業許可が比較的簡単な手続きで済むのに対して、この「深夜酒類提供の届け
出」については内装設備に関する要件や、お店の図面の作成についてかなり厳格な要件
が求められるため、一般の方では手続きができません。
したがって、準備や施工の段階からキチンとした打ち合わせをしておく必要があります。

スナック営業と融資について

では、そのような接待行為を行わない、いわゆる本来の「スナック」の営業をする場合に金融機関か
ら融資を受けられるかといえば、これについてはどの金融機関を利用するかによって対応が変わりま
す。

まず、政府系金融機関の代表である日本政策金融公庫についてですが、こちらでは原則と
してスナックへの融資は「OK」となっています。

次に、同じく政府系の信用保証協会付の融資(「制度融資」)についてですが、こちらにつ
いては一部の地域を除きスナックへの融資は「NG」となっています。

また、市中の一般的な金融機関がスナックに対して融資をするかどうかですが、これも金
融機関ごとに異なるといえますが、融資をNGとするところが多いようです。

このようにスナックの開業資金の融資については、金融機関ごとに対応が異なります。
したがって、スナックでの融資を希望される場合には、まずは特に問題の日本政策金融公
庫の開業者向け融資を使うというのが無難な選択となります。

なお、スナックは、通常の飲食店と比較して、金融機関からは営業の内容が風俗営業に近いことから
警戒して見られやすい分野といえます。

経営の面においては、普通の飲食よりは原価は低く、客単価は高くなる半面、回転率が低い、スタッ
フの質により客足が大きく左右されるといった、通常の飲食業にはない特徴があります。

業界の概要について

伝統的なスナックは衰退の傾向にありますが、最近ではガールズバーなどの若い女性スタッフを中心
とした業態が増えています。
しかし、景気の影響を受けやすいという特徴があるため、好景気時には大きな収入が得られる反面、
不景気時には営業そのものが難しくなりやすいという側面があります。

また、立地や女性スタッフの質により、売上げが大きく左右される、スタッフの採用や雇用には大
なコストがかかりやすく、内装等の初期投資がある程度必要などと言った特徴があります。

なお、女性による接客が中心となる営業ではありますが、前述の通り「接待行為」は行わないといっ
たルールを守らないと融資が受けられなくなるだけでなく、警察の指導の対象となってしまうことに
注意してください。

融資のポイントと出やすさ

スナックの開業にあたり利用できる融資としては、日本政策金融公庫の「新創業融資制度」があり、
無担保・無保証で最大3,000万円までの借入れが可能となります。
この制度の条件やポイントについては別項で詳しく説明しますが、基本的には次の要件を満たす必要
があります。

日本政策金融公庫の「新創業融資制度」の要件
・ 新たに事業を始める方、または事業開始後税務申告を2期終えていないこと
・ 他人を雇用すること、現在勤務している仕事と同じ業種の事業を始めることなどとい
  った要件のいずれかに該当すること(但し、1,000万円以内の借入の場合には本要件
  を満たすものとする)
・ 新たに事業を始める方、または事業開始後税務申告を1期終えていない方は、創業時
  において創業資金総額の10分の1以上の自己資金があること

なお、融資審査についてですが、最近では一部で風俗営業的なサービスをする店が増えていることか
ら、
そのようなお店ではないかという点について厳しい目で見られやすいので、しっかり
した営業ポリシーや対策を準備することが必要となります。

さらに、営業にあたってはその開始前に、保健所の「営業許可」や「深夜酒類提供届出」
といった営業に必要となる許可や届け出を取得・提出しておくことが必要となります。

スナックでの開業は、前の設備をそのまま使用する「居ぬき」であれば、さほど大きな金
額はかかりませんが、新規の開業の場合には多額の資金が必要となるため、「日本政策金
融公庫の融資だけで足りるのか?」、「足りない場合にはどのような手当てをするのか?」
といった点についても綿密な資金計画が必要となります。

融資の出やすさ
60 / 100~75/100   ※最高を100とした場合  

女性を主体とした接客業であることから、通常の業種よりはやや厳しめに見られることが多いので、
事業計画書の作成にあたっては、
資金の手配に関することだけでなく、営業の健全性などについても
PRできるようにした方がよいでしょう。

さらに、信用保証協会の保証や制度融資が利用できないことが多いため、目標額の確保のためにはそ
れに見合った自己資金を用意しておくことなども必要となります。

飲食業開業融資の完全攻略講座 その1<創業融資と通常融資の違いと対策>
飲食店の開業融資 徹底対策セミナー

 


タイトルとURLをコピーしました