【スナック開業資金】融資の出やすさはどのくらい?

日本政策金融公庫

「スナックで開業資金の融資を受けることはできるのだろうか?」
「どこの金融機関が貸してくれるの?」
「風俗店との明確な違いはどこ?」

これからスナックの開業で融資をお考えの方には、こんなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?
なのでここでは、スナックの開業資金の融資を受けやすくするためのポイントについてご説明します。

スナック開業資金の特徴


「スナック」は、古くからある飲食系の分野ではありますが、営業の形態としては風俗営業との境が曖昧になりやすいため、この点について注意しないと最悪、融資を受けることができなくなってしまいます。

スナックの営業をするには開業資金の確保や保健所の営業許可の他にも、深夜酒類提供の届け出などの手続きが必要となる場合もあります。

また、金融機関によってはスナックに対して融資をしないところもあるため、どの融資が利用できるのかをあらかじめ知っておく必要があります。

以下、これらについて具体的に説明していきます。

業界の概要について

伝統的なスナックは衰退の傾向にありますが、最近ではガールズバーなどの若い女性スタッフを中心とした業態が増えています。

スナックを経営面からみた場合の特徴としては、

・調理技術がなくとも始められる。
・比較的低資本で始めやすい。
・普通の飲食よりは原価は低く、客単価は高くなりやすい。

というメリットがある反面

・最近では利用する人が減ってきている。
・回転率が低い、景気により客足が大きく左右されやすい。

といった傾向があります。

また、その他にも「立地や女性スタッフの質により、売上げが大きく左右される」、「女性スタッフの採用や雇用にコストがかかりやすい」などの点についても注意が必要です。

飲食店に必要な許可・届出、風俗営業との違い

飲食店に必要な許可と届出は何?

スナックとして営業するためには、事前に「保健所の営業許可」を取得しておく必要があります。
※ 参考:飲食店の営業許可を一発で取る!申請・書き方マニュアル

また、これ以外にも、深夜0時を超えて営業する場合には保健所の営業許可とは別に、所轄の警察署に対して「深夜酒類提供の届け出」を提出しなければなりません。

保健所の営業許可が比較的簡単な手続きで済むのに対して、この「深夜酒類提供の届け出」では内装設備や、お店の図面の作成について厳格な要件が定められているため、一般の方ではなかなか手続きができません。
なので、そのような場合には、行政書士などの専門家にお願いすることをお勧めします。

なお、この届出は営業の開始の10日前までに届け出をしておく必要がありますが、単に書類や図面を提出をすればよいといういうわけではなく、その内容について警察のOKをもらわなければ届出をしたという扱いになりません。

そのため、期限通りに営業をするためには、しっかりとした準備や書類の作成をしておく必要があります。

接待行為とは?

スナックの営業をするうえで問題となるのが、「接待行為」です。

通常、スナックでは女性がお客の相手をしますが、この行為が「接待行為」にあたらないようにしなければなりません。

「接待行為」とは「特定少数の客の近くにはべり、継続して、談笑の相手となったり、酒等の飲食物を提供したりする行為」とされ、具体的には次のような行為はすべて接待行為とされます。

接待行為の例
・カウンターを超えてお客に同席する
・特定のお客と長時間にわたって歓談する
・特定の客やグループに歌やダンス、ショウを披露する。
・カラオケを勧めたり、歌の最中に手拍子をとったり、ほめはやす、デュエットをする


これに対して「不特定のお客と談笑する」
、「手拍子や酒の準備をする」、「カラオケのセッティングをする」
などの
行為は接待に当たらないものとされています。

もし、これらの接待行為をする場合には、営業許可とは別に風俗営業の許可を取得しなければなりません。

しかし、この風俗営業の許可を取ってしまうと金融機関からは風俗営業店として見られ、融資を受けることができなくなってしまうので注意してください。

なお、この「深夜酒類提供の届け出」を出した場合には、風俗営業の許可を取ることができなくなりますので、この点についても気をつけてください。※ 逆の場合も同じです。

スナック開業と融資について

スナック開業資金の融資が受けられる金融機関


では、そのような接待行為を行わない、いわゆる本来の「スナック」の営業をする場合に金融機関から融資を受けられるかといえば、その取扱いについては次の通りとなっています。

日本政策金融公庫の場合
「原則、O     K」
信用保証協会付の融資(「制度融資」)
「N G。ただし一部の地域を除く」

2大創業融資のうちの一つが使えないのは残念ですが、やむをえません。

では、市中の一般的な金融機関がスナックに対して融資をするか(このような融資を「プロパー融資」といいます)についてですが、これも融資をNGとするところが多いようです。

このようにスナックの開業資金の融資で使えるのは、実質的に日本政策金融公庫だけといえます。

したがって、スナックでの融資を希望される場合には、日本政策金融公庫の新創業融資制度に的を絞った対策をするのがよいでしょう。

スナック開業融資の特徴と攻略ポイント

スナックの開業に利用できる融資としては、日本政策金融公庫の「新創業融資制度」があり、無担保・無保証で最大3,000万円までの借入れが可能です。

この制度の条件やポイントについては、「飲食店の開業融資 徹底対策セミナー」で詳しく説明していますが、この融資を利用するためには、次の要件を満たす必要があります。

「新創業融資制度」の要件
・ 新たに事業を始める方、または事業開始後税務申告を2期終えていないこと
・ 他人を雇用すること、現在勤務している仕事と同じ業種の事業を始めることなどといった要件のいずれか
に該当すること(但し、1,000万円以内の借入れの場合には本要件を満たすものとされます)
・ 新たに事業を始める方、または事業開始後税務申告を1期終えていない方は、創業時において創業資金総
  額の10分の1以上の自己資金があること

スナックの開業は、前の設備をそのまま使用する「居ぬき」の形態であれば、さほど大きな金額はかからないのが普通です。

しかし、新規の開業の場合には多額の資金が必要となるため、「日本政策金融公庫の融資だけで足りるのか?」、「足りない場合にはどうするのか?」などの点についても綿密な計画を立てておくことをお勧めします。

また、この融資では審査の途中で必ず、金融機関との面談が行われます。
こちらについては「飲食業開業融資の完全対策講座その8」をお読みいただければ、「面談がどのような感じで行われて」、「どんなことを聞かれるのか?」がお分かりいただけると思います。

融資の出やすさ
60 / 100  ~  75/100    ※最高を100とした場合
※この数字は個人的な知見によるものであり、融資の成功を保証するものではありません。


なお、事業計画書の作成にあたっては、
資金面のことだけでなく、営業の健全性やオリジナルなアイデアなどをPRできるような内容にした方が金融機関に対してよりよい印象となるでしょう。

例)
「昼間の時間は、地域の高齢者のボランティア会場として貸し出す」
「町内会の集会場所として提供する」
「地元の人や子供の作品の発表会を行う」
「深夜0時を超えての営業を行わない」

 

まとめ

・ スナックは、調理技術がなくとも比較的低資本で始めやすい。
・ その反面、女性スタッフの質や景気により客足が大きく左右されやすい特徴がある。
・ スナック開業には営業許可が必須だが、深夜営業をする場合には「深夜酒類提供届出」も必要。
・ 「接待行為」を行わないように注意!
・ 開業資金の融資は、日本政策金融公庫の「新創業融資制度」をメインに考える。
・ 事業計画書には、資金的な計画だけでなく、独自のアイデアがあると融資が通りやすくなる。

 


タイトルとURLをコピーしました