飲食店の営業許可を一発で取る!申請・書き方マニュアル

営業許可創業 許認可

飲食店を経営するうえで必ず必要となるのが、保健所が発行する「営業許可」です。
この営業許可がないと「お店はできたけど営業ができない!」ということになってしまいますし、融資もおりません。

しかし、申請書を書いて「はい、終わり!」というわけではなく、実際の店舗の検査などもあるため初めての方はとまどうことも多いと思います。

そこで、ここでは未経験の方でも一発でとれる営業許可取得のノウハウを解説します。

営業許可の取得の流れ

営業許可の取得手続きの流れ


営業許可を取るまでの手続きの流れは、次のとおりで
す。
なお、営業許可にはいくつかの種類がありますが、ここでは飲食店の開業に関係する「一般営業」のケースで説明いたします。

 ①  事前相談

許可基準にあっているかを確認するため、工事着工前に図面等を所轄の保健所へ持参し相談します。
貯水槽(マンションやビルのタンク)や井戸水等を使用する場合は、水質検査が必要となります。
営業をするには、事前に食品衛生責任者または食品衛生管理者の資格も取っておく必要があります。

 詳しくは「飲食店の食品衛生責任者になるには?資格は難しい?」を参照ください。

 ②  営業許可申請(書類の提出)

施設完成予定日の10日くらい前に必要書類と図面を保健所へ提出します。

 ③  施設検査の打合せ

施設検査の日時を担当者と決めます。

 ④  施設の確認検査

施設が申請のとおりの配置・構造となっているか、基準に合っているかを保健所の担当者が確認します。この時には、営業者が検査に立ち会う必要があります。

 ⑤  営業許可書の交付

検査に合格した場合には「営業許可書交付予定日のお知らせ」が交付されます。
交付予定日になったら保健所で営業許可書を受け取ります。

 ⑥  営業開始

ポイント
◆ 営業許可の交付には、通常7~10日程度の時間がかかります。
◆ 既存店で営業許可を取得している場合でも、別の施設で新たに営業を行う場合は、新たに許可を取得する必要があります。
◆ 居抜き施設で営業をする場合も、新たに営業許可を取り直す必要があります。

必要書類と手数料

<必要書類等>

1  営業許可申請書
2  営業設備の大要・配置図(2通)
3  登記事項証明書(法人の場合のみ)
4  水質検査成績書
 (貯水槽、井戸水使用の場合のみ)
5  食品衛生責任者の資格を証明するもの
(食品衛生責任者手帳等)

<手数料>※東京都の場合
◆ 飲食店営業 18,300円
◆ 喫茶店営業 15,800円  

施設検査時のチェックポイント

「共通基準」と「特定基準」

施設の検査ではあなたのお店の設備や配置が、食品衛生法の基準を満たしているかをチェックします。

施設の検査の基準は、「共通基準」と「特定基準」の2つからなります。

【共通基準】自動販売機以外のすべての業種に必要な施設の基準となります。

営業施設の構造場所・建物・区画・面積・床・内壁・天井・明るさ・換気・周囲の構造・ねずみ族、昆虫等の防除・洗浄設備・更衣室
食品取扱設備器具等の整備・器具等の配置・保管設備・器具等の材質・運搬具・計器類
給水・汚物処理給水設備・便所・汚物処理設備・清掃器具の格納設備


【特定基準】業種ごとに定められています。

飲食店営業冷蔵設備・洗浄設備・給湯設備・客席・客用便所
喫茶店営業冷蔵設備・客席・客用便所

検査の主な項目の注意点

共通基準の主な項目

建物鉄骨、鉄筋コンクリート、木造造り等十分な耐久性を有する構造である
区画使用目的に応じて、壁、板などにより区画する
面積取扱量に応じた広さである
タイル、コンクリート等の耐水性材料で排水がよく、清掃しやすい構造
内壁床から1メートルまで耐水性で清掃しやすい構造である
天井清掃しやすい構造である
明るさ50ルクス以上の明るさがある
換気ばい煙、蒸気の排除設備(換気扇等) が備えられている
周囲の構造周囲の地面は、耐水性材料で舗装し、排水がよく、清掃しやすいものである
洗浄設備原材料、食品や器具等を洗うための流水式洗浄設備と、従事者専用の流水受槽式手洗い設備と手指の消毒装置が必要

 

ポイント
◆ 施設の検査は通常1時間程度で終わりますが、違反箇所や指摘項目が多い場合にはさらに時間がかかります。
◆ 違反箇所や指摘項目がある場合には、修正後の写真を提出すればOKとなる場合と、再度、現場の検査が必要となる場合があります。
◆ 検査時には,設備が基準にあっているだけでなく、電気・水道が使えるようになっていることが必要です。

申請書その他の図面の見本


【許可申請書の記載例

【概要書の記載例】

 

営業設備の配置図

 


<参考>

飲食店の食品衛生責任者になるには?資格は難しい?
飲食店を営業でうっかり忘れがちなのが「食品衛生責任者」の資格の取得です。保健所の営業許可だけに気を取られていると、土壇場になって「講習の受講が間に合わない」、「営業ができない」ということになりかねません。また、食品衛生責任者の資格は、融資や開業資金の調達にも影響を及ぼしますので、手続きのもれがないよう早めの対策が必要です。

タイトルとURLをコピーしました