事務所概要・プロフィール

事務所名

  一期行政書士事務所

主な業務内容

 

◆ 金融機関からの資金調達支援
◆ 事業計画の立案・作成支援
◆ 経営改善サポート・財務分析
◆ 銀行融資格付けの向上支援
◆ 会社設立他許認可の取得
◆ リスケジュール申請の支援
◆ 事業再生手続き
◆ 少人数私募債の発行サポート

代表者名

  引 地  修 一

開 業  平成16年5月
保有資格

⦿ 行政書士(登録№04080760)
⦿ 事業再生士補(ATP)
⦿ 事業再生アドバイザー
⦿ 武蔵小山創業支援センターアドバイザー
⦿ 宅地建物取引士

所在地

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7丁目17番14号 エイコービル104号

 


大きな地図で見る

連絡先

T E L
03-6240-9671
(年中無休 :10:00~19:00)

お問い合わせフォーム
※ メールの方こちらから
ichigo.shikin@gmail.com

プライバシーについて

プライバシーポリシーはコチラ

当事務所はお客様のプライバシーを第一に考えて運営しております。
お客様の個人情報は、安全に保管しております。
当該個人情報は法律によって要求された場合、あるいは当事務所の権利や財産を保護する必要が生じた場合を除き、第三者に提供することはありません。

プロフィール■ 開業までの経緯

【大学卒業~法律事務所】
1964年生まれ。東京都在住。 國學院大學法学部法律学科卒業。 大学を卒業後、それまで学んだ法律関係の知識を生かしたいと思い、まずは某司法書士事務所に勤務。
ここでは、主に法律問題への対応や書類作成の実務など他、「お客と約束したことは必ず守る」、「常に効率を考えて動く」などといった社会人としての基本を叩き込まれました。 しかし、月日がたつにつれて、もっと幅の広い仕事をしたいと思うようになり、たまたま機会にも恵まれたことから勤務時から、仕事でなじみの深かった金融機関へ転職することになりました。

金融機関勤務時代】
金融機関に勤務し、某支店に配属されてからは、どういう間違いか、行内で初となる新入社員による顧客相談業務を担当。その後、融資担当、得意先(渉外)担当と一連の業務を行い、金融機関独自の考え方や、ノルマの厳しさ、融資への取り組み方などをいやというほど知ることに・・・。連日、帰宅は12時近く、朝は6時起き、しかも食事は1日2食取れればましという日々が続き、その結果、体調を崩し退社することになりました。

用地補償会社~事務所開業】
何とか体調も回復した後、たまたま転職雑誌にでていた「ダム用地の補償業務」という文句に興味をひきつけられ、そのままその会社に応募。当時は、人手が足りないこともあってその場で即採用に。その後、東京をはじめとし、名古屋・大阪・静岡と転勤を繰り返しながら、公共用地の買収や各種権利の設定・水利権の更新・行政対応などというチョット普通ではできない業務を体験。
そのままここで骨を埋めることも考えましたが、また次第にこれまでの経験を生かした仕事をしたいという想いが強くなり、平成16年5月に結婚直後であるにも関わらず最後の会社を退社。Ichigo (一期)行政書士事務所を開設いたしました。

開業~現在】
開業当初(平成16年)は、以前から興味のあった「敷金の返還」を中心とした業務をと考えていましたが、実際にやってみると全然お客が来ません。それもそのはずで、当時は新宿の路地裏にポツンと事務所を構えただけで、これといった宣伝もしなければ、HPさえ持っていないという状況だったからです。その後、「このままではいけない!」と思い、近所を中心にチラシをまいたところ、何と問い合わせはたったの3件。しかし、この時のチラシがきっかけで依頼を受けた融資サポートがきっかけとなり、以来、やく15年間にわたり融資、銀行対応、経営サポートといったお金にかかわる仕事をしてきました。

 

お金が借りられない、そのワケは…

これまで、多くの経営者の方からご相談を受けてきましたが、このようなお悩みをお持ちの方に共通しているのは
「借り方も使い道も場当たり的」ということです。

当然ですが、融資を受ける場合には
創業者の方であれば、
「プランが明確で、現実的な内容の事業計画書を作る」
一般の経営者の方であれば
「将来の儲けとなるような仕事のために利用する」
といったことが明確でなければなりません。

また、金融機関は仕事のビジョンやお金の使い道だけでなく、決算書の内容も非常に重視しますから、
「少しずつでも決算書の内容をよくする。」
「決算書の内容がよくなるような事業プランを作る。」
という姿勢が重要となります。

よく、普段は決算の内容を金融機関にひた隠しにし、会社の状況についても報告しないにも関わらず、困ったときだけ融資のお願いをするという会社が多いです。

しかし、そんなことでは、いつまでたっても金融機関の協力は得られません。
本当はわずかな対策をするだけで金融機関の信頼や融資を得られる可能性があるのに、なんとももったいない話です。

119番資金調達NETでは、融資だけでなく、売り上げ対策、事業再生と、あなたの会社が良くなるために必要な知恵を出し惜みしせず、提案をし続けます。

■ セミナー講演、受賞歴

2008年04月
「ドリームゲート」後援セミナー
2008年12月
「ドリームゲート」資金調達部門最優秀賞受賞
2009年06月
「独立開業フェスタ」セミナー(1回目)
2009年09月
「独立開業フェスタ」セミナー(2回目)
2011年09月
「サンケイビジネス」セミナー
2011年11月
「武蔵小山創業支援センター」セミナー
2012年07月
「エプソン株式会社」セミナー(3回)
2015年08月
「新宿区商工会議所」セミナー
2015年11月
「足立区役所」セミナー
2016年03月
「江東区役所」セミナー
2016年06月
「辰巳法律研究所&リーダーズ」
主催行政書士開業塾講師
2017年05月
「辰巳法律研究所&リーダーズ」
主催行政書士開業塾講師

■ 主な出版歴
【2007年08月】
月刊近代中小企業「金融機関との正しい付合い方」連載
【2007年10月】
月刊近代中小企業「次の決算までに売り上げと融資を確実にする方法」5回連載
【2008年12月】
「確実に公的創業融資を引き出す本」(TAC出版)を刊行。
※現在第7版販売中
【2008年12月
ターンアライドマネージャー「多様化する資金調達のポイント」掲載
2011年08月】
「次の決算に間に合う。銀行格付けアップ術」(TAC出版)を刊行。
【2014年07月】
「飲食開業のための公的融資獲得完全マニュアル」(TAC出版)より刊行。

◆URL119番資金調達NET  http://www.shikin.net/
タイトルとURLをコピーしました