日本政策金融公庫

日本政策金融公庫

私は日本政策金融公庫に融資を断られた。そして、こうして復活した!

 せっかく日本政策金融公庫に融資の申し込みをしたのに、「断られてしまった」というケースは少なくありません。 通常、正式な審査の上でお断りがあった場合には、その後6か月程度はまともに取り合ってもらうのが難しくなりますが、中には「一度断られたけれど、融資を受けることができた」という事例もあります。 ここでは、相談のあった方の実例をもとに、「どんなケースで融資の復活ができたのか?」、「どうやってお断りを覆すことはできたのか?」について解説したいと思います。
日本政策金融公庫

「日本政策金融公庫融資」と「制度融資」の違いとは?その成功率は?

「日本政策金融公庫の融資だけじゃなく、制度融資(信用保証協会付融資)も使いたい。」 「もっと大きな金額を申し込みたいけど、これ以上は限界だ!」 飲食店などの開業では、特に大きな資金が必要となるため、こんなお悩みをお持ちの方も少なくないのではないでしょうか?
日本政策金融公庫

創業融資の流れと必要な期間を実例の計画表で全部説明!

融資は申し込んでから審査に合格してお金が出る(これを「融資の実行といいます。」)までには一定の時間がかかります。日本政策金融公庫と制度融資(信用保証協会付融資)とでは、一部、手続きが違うところもあり、また、融資だけでなく許認可などの手続きと一緒に進めていく必要があります。ここでは、それぞれの金融機関における手続きの違いと、スケジュールの立て方について御説明します。
日本政策金融公庫

廃業歴もOK!再挑戦支援資金(再チャレンジ支援融資)とは?

日本政策金融公庫の「再挑戦支援資金」(再チャレンジ支援融資)や、信用保証協会の「再挑戦保証制度」は、廃業歴のある方についても、事業家としての再起のきっかけを与えるものとなっています。ここでは、それぞれの制度の概要や利用の際のポイントについて解説いたします。
日本政策金融公庫

【スナックの開業資金】融資を確実に引き出す3つのポイント

「開業資金が欲しいけれど、スナックでも融資を受けられるのだろうか?」 「どこの金融機関が貸してくれるの?」 「風俗店との違いはどこにあるのだろう」 スナックの開業で融資をお考えの方の中には、こんなお悩みをお持ちの方も多いのではない...
日本政策金融公庫

【飲食店開業資金】融資の出やすさはどのくらい?

現在、飲食店は開業者の中でも群を抜いて希望者が多業種です。 その勢いはとどまるところを知らず、特に若い人に根強い人気があります。基本的に保健所の営業許可だけで開業でき、また、居抜き物件を利用すれば開業コストを抑えられるというのも魅力の一つです。しかし、それだけ競合が多く、利益率も決して高くない事業のため、甘い見通しでは短期間での撤退も余儀なくされます。
日本政策金融公庫

これで企業の運命が決まる!「債務者区分」とは?

皆さんは、金融機関が「この企業に対してはあと1,000万円までなら融資する」とか、「この企業に対してはこれ以上の融資をしない」ということをどうやって決めているかをご存知でしょうか? 現在、企業が融資を受けられるかどうかは、ほぼ「債務者区分」や「銀行格付」といった独自のラ ンクにより決定されています。
日本政策金融公庫

開業希望の外国人は、どうすれば融資を受けられる?

最近、日本には数多くの外国人が来日するようになりましたが、その中には観光目的だけではなく、「日本で開業したい!」、「お店を開きたい!」という方も数多くいます。 しかし、このような方たちは日本で融資を受けることはできるのでしょうか?
日本政策金融公庫

あなたは創業融資が使えないかも?正しい「創業者」の要件とは?

創業者の方が事業の資金調達をする上で、よく利用されているのが日本政策金融公庫の 「新創業融資制度」や信用保証協会付の「制度融資」ですが、これらには「創業の 要件」 というものが設けられており、これに該当しない方はこれらの制度を利用することがで きなくなっています。
日本政策金融公庫

【新創業融資制度】の正しい使い方。すべての項目を完全解説!

新創業融資制度は、こんな悩みを解決してくれる無担保・無保証の融資制度です。しかし、この制度には自己資金や雇用の要件といった独特の条件があるため、その内容をよく知ったうえでないと融資の成功は難しくなってしまいます。ここでは、新創業融資制度の特徴と、少しでも多くの融資を引き出すためのヒントを解説いたします。
タイトルとURLをコピーしました