信用保証協会

一般事業者向けコンテンツ

代位弁済がされた場合の対策と返済計画の作り方

「代位弁済」とは、信用保証協会の保証付きで融資を受けて、その返済ができなくなったときに、信用保証協会が金融機関に代わって取り立てをする制度のことをいいます。しかし、あらかじめ代位弁済がどういうもので、信用保証協会に対してどのような対応をすへきなのかを知っておけば、最善の手を打つことも可能です。
日本政策金融公庫

融資の面談で聞かれた「実例14の質問と模範回答」を公開。

開業資金の融資で、金融機関との面談に不安をお持ちになる方は少なくありません。ここでは実際に金融機関の面談で聞かれた15の質問とその模範解答の他、面談の流れやポイントについてご説明します。
日本政策金融公庫

あなたも対象かも?融資・保証を受けられない業種やケースとは?

もし、あなたやあなたの会社が融資を受けられないとしたら、どうしますか?たいていの方は「自分には関係ない」と思っていますが、実際に融資を申し込んだときになって融資を受けられないことに気づくというパターンも少なくありません。しかし、その時にはすでに手遅れです。ここでは、融資を受けられない場合にはどんなケースがあるかをご紹介しますので、自分に該当するものがないかをご確認ください。
日本政策金融公庫

日本政策金融公庫に融資が断られた原因はこれだ!

創業融資は一発勝負です。なぜなら、もし失敗してしまうと、半年~1年の間は融資が借りにくくになってしまうからです。では、創業融資の失敗にはどんなものがあるのでしょうか?ここでは、創業融資失敗のケースを通して、どこに失敗の原因があったのかについてご説明します。
信用保証協会

これを知れば創業融資が2倍になる!日本政策金融公庫と信用保証協会融資の違い。

「日本政策金融公庫だけじゃなく、制度融資も使いたい。」 「もっと大きな金額を申し込みたいけど、これ以上は限界だ!」 飲食店の開業では大きな資金が必要となるため、こんなお悩みをお持ちの方も少なくないのではないでしょうか? でも、創業...
日本政策金融公庫

2つの創業融資の申込みの流れ・必要な期間

融資は申し込んでから審査に合格してお金が出る(これを「融資の実行といいます。」)までには一定の時間がかかります。日本政策金融公庫と制度融資(信用保証協会付融資)とでは、一部、手続きが違うところもあり、また、融資だけでなく許認可などの手続きと一緒に進めていく必要があります。ここでは、それぞれの金融機関における手続きの違いと、スケジュールの立て方について御説明します。
一般事業者向けコンテンツ

代位弁済をリセットする。「求償権の消滅保証制度」とは?

代位弁済をされると、債務を完済するまで高い損害金を支払わなければならなくなったり、保証や融資が使えなくなるなどにより、その後の経営が厳しいものとなってしまいます。 しかし、そのような場合でも救済策の一つとして、信用保証協会の求償権を消滅できる制度が設けられています。これを「求償権の消滅保証」といいます。
一般事業者向けコンテンツ

信用保証制度の改正について

中小企業の方なら、資金調達でおそらく一度はお世話になっている信用保証協会です が、最近、この信用保証制度が改正されたということをご存知でしょうか? この改正は今後の信用保証協会のつかいやすさや制度融資の借りやすさなどにも影響 して...
一般事業者向けコンテンツ

借りにくくなった?「責任共有制度」について

皆さんは、「資金調達は、保証協会を使えば100%保証してくれるから安心だ!」などと 思っていませんか?実は、一部の融資を除き、信用保証協会ではすべての責任を引き受 けてくれるわけではないのです。 現在では、信用保証協会が引き受ける...
信用保証協会

誰でも使えるは本当?信用保証協会を利用する場合の条件について

制度融資は、日本政策金融公庫の新創業融資制度と並ぶ創業融資の代表です。信用保証協会はこの制度融資の中で「信用の提供」という重要な役割を担っています。そのため、信用保証協会から信用の提供を受けられない(つまり、信用保証協会が保証承諾をしない)場合には、信用保証協会だけでなく、制度融資も利用できなくなってしまいます。なお、信用保証協会は、通常、たいていの方が利用できますが、いくつかの条件があり、この条件に抵触する場合には利用できないこともあります。ここでは、「どのような方であれば信用保証協会を利用できるのか?」、「利用できない場合とはどんな場合か?」についてご説明します。
タイトルとURLをコピーしました