運転資金

一般事業者向けコンテンツ

「設備資金」で融資を引き出すポイントとは?

事業をはじめるときに、投資金額が大きくなりやすいのが「設備」の購入資金です。そのため、銀行では設備資金の融資には特に慎重となります。しかし、設備資金の融資の場合には、その借り方や返し方に大きな違いがあるため、運転資金と同じ感覚で申し込んでしまうと、融資が出なかったり、大幅な減額となってしまいます。そこで今回は、「設備資金とは?」、「運転資金との借り方の違い」、「返済についての考え方」について詳しくご説明します。
一般事業者向けコンテンツ

「運転資金」の基本。これが説明できればもっと融資が出る!

「手形割引・手形貸付・証書貸付・当座貸越のそれぞれの特徴」では、「形式から見た場合の融資の種類」についてご説明しましたが、今回はもう一つの分け方、「資金使途から見た場合の融資」についてご説明します。
日本政策金融公庫

創業融資の審査評価が上がる!事業計画書の5つの確認事項。

もしあなたが「とりあえず、空欄を埋めていけばよいだろう。」という感覚で事業計画書を作ろうと考えているのであれば、まずはここに書かれていることを読んでからにしてください。なぜなら、創業融資の事業計画書には、計画を組み立てるための順序があるからです。そもそも、事業計画書の用紙は順番通りに書き込めば計画書が作れるという仕組みにはなっていません。なので、この順番を無視して取り掛かってしまうと、かなり高い確率で「つじつまが合わない」、「こんなはずじゃなかった!」ということになります。そうならないためにも、まずはここでお伝えするステップとチェックをしてから、計画書の作成に臨んでいただきたいと思います。
日本政策金融公庫

創業融資の相談を再現。これを見れば融資の疑問はすべて解決!

ここでは、その時の雰囲気が少しでも伝わるよう、もっともよくあるパターンで、相談の時のやりとりを会話形式でお伝えしたいと思います。 飲食店の開業資金のお申し込みをお考えの方はぜひ、参考にしてください。
タイトルとURLをコピーしました