銀行が貸す気になる。融資の申込みの見本とは?

一般事業者向けコンテンツ

みなさんは普段、融資の申し込み方にどれだけ気をつけているでしょうか?

「申込み方なんて必要な金額を伝えているだけだよ」という方も少なくないと思いますが、どのような申込み方をするかにより、銀行への印象が大きく変わるだけでなく、融資の確率にも影響します。

また、申込みの内容がいい加減だと、「この人はわかっていないな!」と判断されてしまうことにも。

そこで今回は、「申し込みの際に何を伝えるべきか?」「銀行から融資を受けやすい申込み方の見本」についてご説明します。

融資の申込み方による影響

 

 

 

 

融資申し込みのパターン別回答

皆さんが銀行に融資の申込みをするときは、次のいずれかの感じではないでしょうか?

① 「いつの間にか運転資金が足りなくなったので申し込んだ」
② 「いろいろな支払いをしたら資金が足りなくなったので申し込んだ」
③ 「予想外の受注があったため、仕入れ分の申し込みをした」
④ 「設備が古くなってきたので、新型の機械を入れるため申し込んだ」
➄ 「1年分の今後の事業と資金繰りの見込みをまとめて必要額を申し込んだ」

しかし、その場合には、銀行からは次のような答えが返ってくる可能性が高いと思います。

①・②については「とりあえず検討させていただきます。」
③については「できるだけ出すように協力しましょう。」
④については「前向きに検討はしますが、計画の中身次第となります。」
➄については「わかりました。すぐに稟議を上げましょう。」

では、なぜ、申し込み方が違うだけで、なぜ、こんなにも対応が異なるのでしょうか?

それは、それぞれで「返済の見込み」が異なるからです。

➀や➁のケース

➀と➁については、単なる目先期の資金不足の補填であり、このような事態になることを事前に見通せなかったことに原因があります。

こういう申込みは、銀行からみれば場当たり的なもので、また、返済の原資も不明です。
したがって「キチンと返済できる可能性も低い」と警戒します。

➂のケース

これに対して➂は、いわゆる「増加運転資金」といわれるもので、急な売り上げの増加により仕入れ資金が不足したことによる借入れです。

なので、この場合には、増えた売上げが返済の原資として見込めるので、銀行としても安心して融資することができます。

④のケース

④については老朽化した設備を買い替えるための借入れとなります。
そのままでは生産ができなくなってしまいますが、もし、買い替えることにより生産能力が増えれば利益の増加にもつながります。なので、この場合は「設備の買い替えにより増加した分の利益」を返済原資として見込めることになります。

このように「何のために借りるのか?」という違いだけで、銀行側の融資スタンスは大きく変わってきます。

そして最後の➄についてですが、これは銀行としては最も安心できるタイプの申込みとなります。

なぜなら、融資申し込みに必要な4つの要件(なぜ、いつ、いくら、返済の方法)をすべて満たしているからです。

この場合の返済原資は、「計画で予測される利益」ということになります。

また、銀行側としても、このような申込みであれば、その企業の中長期にわたる事業方針や資金繰りの見込みを事前に知ることができます。

なお、融資の申込みをするときには、運転資金や設備資金のいずれかで借入れをしますが、それぞれの内容や趣旨をよく理解して申し込む必要があります。
参 照 融資の基本。「運転資金」の融資の獲得法について
融資額を増やすカナメ。「設備資金」の獲得法について


融資が難しい場合

とはいえ、このように申し込んだからと言って誰もが必ず融資を受けられるわけではありません。

もちろん、銀行も企業ですので、どんな申込みをしたとしても融資が難しい場合もあります。
以下のような事由がある企業には、融資はできません。

◆ 経常的に利益が出ていない
◆ 大幅な債務超過である
◆ 決算書の内容に問題がある
◆ 信用保証協会から代位弁済をされている
◆ 家賃、公共料金、ローン、税金などについて延滞や未納がある
◆ 確定申告を行っていない

参 照 あなたも対象かも?融資・保証を受けられない業種やケースとは?


なぜ計画を立てると融資が出やすくなるのか?

 

 

 

 

 

しかし、なぜ、計画をたてて申込みをすると融資が出やすくなるのでしょうか?

それは、このような計画にもとづいて経営するという方針や、その計画によって実践することを金融庁が金融機関に対して推奨しているからです。

またそれだけでなく、このような取り組みは、信用保証協会の理解も得やすいものとなります。

金融庁では、以前から金融検査マニュアルで、このような計画的な経営をする企業への支援を行ってきましたが、それは金融検査マニュアルが廃止になった現在でも変わりはありません。

したがって、金融機関としてもこのような企業を応援しやすいわけです。

なので、「銀行から融資を受けやすい体制」を作るためには、目先の資金だけでなく、中長期の計画を作り、それに銀行の理解と支援をしてもらうということが、最も効果的ということになります。

このような方法であれば、多少の赤字や債務超過であれば借り入れが可能となることも多く、実際に私の事務所でも、このやり方で赤字や債務超過の会社への融資の引き出しに成功しています。

運転資金の融資の申込み例

 

 

 

 

運転資金の融資申込みのポイント

運転資金の融資については、以下のポイントを押さえて申し込むとスムーズ借り入れができます

ポイント

◆ 運転資金の融資の申し込みでは、「何のため使って」、「返済原資は何になるか?」を明確にする必要があります。
◆ 
申し込む金額は、経常運転資金の考えを使って、多すぎないように算出します。
◆ 
既存の融資がある場合には、それを加味した上で返済額や年数を算出します。
◆ 経常的な運転資金の申込みをするときには、自社のサイトをしっかりと把握しておく必要があります。

運転資金の申込み例

運転資金を申し込む際には、「何に使うのか?」、「返済原資は何か?」ということが、特に重要となります。その一例を示すと、次のような感じとなります。

○月までに2ケ月分の季節運転資金として〇〇万円の資金が必要となるため、〇年の返済期間で融資を申込みたいと思います。
返済原資は○月~○月に予定されている入金額〇万円を予定しています。
詳細な資金繰りの予定はこうなっています(資金繰り予定表により説明)

運転資金の融資の必要書類

実際には、これらの事項は借入れ申込書に書いて申し込みますが、それ以外にも必要資料として以下のものを提出します。

〇 会社の登記事項履歴証明書(会社登記簿謄本)
〇 会社の通帳
〇 2~3期分の決算書、試算表(決算から6ケ月以上経過している場合)
〇 事業計画書や1~3年分の資金繰り表
〇 運転資金の具体的な内訳がわかる資料
〇 納税証明書

設備資金の融資の申込み例

 

 

 

 

設備融資の融資の申込のポイント

設備資金の融資については、以下のポイントを押さえて申し込むとスムーズ借り入れができます

ポイント

◆ 設備資金の融資の申し込みでは、「その設備の必要性」、「設備の生産能力」、「返済原資」を明確にする必要があります。
◆ 
申し込む金額は、見積書などの金額が明確にわかる資料を使って算出します。
◆ 
既存の融資がある場合には、それを加味した上で返済額や年数を算出します。

参 考 融資の基本。「運転資金」の融資の獲得法について

設備資金の申し込み例

このように設備資金には設備資金にあった申し込みの方法というのがあります。

一例を示すと、次のような感じとなります。

現設備の老朽化による買い替え資金として、○月までに〇〇万円の資金が必要となるため、〇年の返済期間で融資を申込みたいと思います。
返済については、設備の更新により○万円/月の増加が見込まれるので、その利益と減価償却費○万で行う予定です。
詳細な資金繰りの予定はこうなっています。(見積書、資金繰り表により説明)
※ 融資の使い道、時期・金額・借入れの理由、返済原資を明確にする。

設備資金の融資の必要書類

実際には、これらの事項は借入れ申込書に書いて申し込みますが、それ以外にも必要資料として以下のものを提出します。

〇 会社の登記事項履歴証明書(会社登記簿謄本)
〇 会社の通帳
〇 2~3期分の決算書、試算表(決算から6ケ月以上経過している場合)
〇 事業計画書や1~3年分の資金繰り表
〇 設備の見積書
〇 設備のカタログ
〇 納税証明書

 

119番資金調達NETでは、法人設立手続きの他、借入時の融資額を増やす方法について多くの経験と実績にもとづいたアドバイスを行っています。

また、このブログではご紹介していないテクニックや注意点についても、直接、その方の状況にあわせてアドバイスしています。
随時、初回の相談無料
かつ、ご依頼のあった場合の手数料も完全成功報酬制(4%~-税別)でご利用いただけますので、お気軽にご相談ください。

 

          ※ ここから電話できます。

 


プロフィール
融資コンサル
引地 修一

119番資金調達NETの引地です。

創業者・中小企業経営者の方向けに、
● 融資の申込みの計画・申請、
● 事業計画書の作成、金融機関との交渉
● 契約・許認可手続き、経営の再建
などの「中小企業のお金と経営」をサポートしています。

特に、融資関係については、すぐに問題解決の提案をする「即効提案」がお客様から好評をいただいています。

【経歴】
2005年に金融・経営を専門とするIchigo(一期)行政書士事務所を開設。
2008に業界初の融資ノウハウをまとめた「確実に公的創業融資を引き出す本」を出版。異例の6刷増刷を達成。※現在も継続中。

コンサルティングでは、2020現在、累計相談者数2,000人を突破。6億2,000万円の資金調達額を達成中。
2008年に創業者支援団体ドリームゲートにて「資金調達部門」最優秀アドバイザーを受賞

【資 格】
行政書士、宅地建物取引主任、事業再生アドバイザー、品川区武蔵小山創業支援センター公認アドバイザー

【出版実績】
2008.12 「確実に公的創業融資を引き出す本」(TAC出版)を出版
     アマゾンレビュー評価4.2
2011.08 「銀行格付けアップ術」
2014.07 「飲食開業のための公的融資獲得完全マニュアル」

引地 修一をフォローする
一般事業者向けコンテンツ
創業者・中小企業の無料融資相談なら119番資金調達NET
タイトルとURLをコピーしました