資金調達

一般事業者向けコンテンツ

金融機関はここを見て貸している!

融資や資金調達をする際には「決算書」や「試算表」の提出を求められるのが普通です。でも、決算書や財務指標と聞くと、それだけで拒否反応を起こされる方も少なくないのではないでしょうか?確かに、金融機関側で確認する項目や指標の数はかなりの数に上りますが、資金調達をする上で融資の審査に大きく影響するポイントというのは実はそんなに多くありません。とはいえ、そうはいっても、「何をどうすればよいかわからない」という方がほとんどだと思います。そこでここでは、融資をする上で、金融機関が決算書のどこに特に注目して見ているかを説明します。
一般事業者向けコンテンツ

無担保・無保証で資金調達。少人数私募債への挑戦!

皆さんは、最近はやっている資金調達の方法のひとつに「少人数私募債」というものがあるのをご存知でしょうか?「名前は聞いたことがあるけど、よくわからない」という方が多いと思いますが、実はこれ、うまく使うと資金繰りを劇的に改善する効果があるんです。ここでは「少人数私募債」の特徴と使い方についてご説明します。
日本政策金融公庫

「いつ開業したか?」でこんなに違う! 創業時期と融資の攻略法

皆さんは、創業融資で注意すべきことや攻略のポイントはすべて同じだと思っていないでしょうか?ところがこれは、「いつの時点で融資をうけるか?」により全然違ってくるのです。なので、同じように考えていると思わぬ失敗をしたりします。ここでは、創業者が融資をうけるときに、時期別に注意すべきポイントについてご説明します。
タイトルとURLをコピーしました