引地 修一

日本政策金融公庫

創業融資実務講座「ダブルスタンダード」

「今を何とか変えたい」とお考えの行政書士の方へ! 融資コンサルになって、 「最大級の報酬」「高度な専門性」「新規の業務」 を獲得しませんか? 最強融資&営業コンサル講座「ダブルスタンダード」 融資第一人者のプロが、創業...
日本政策金融公庫

最新!コロナ特別融資の概要と5つの特徴

いよいよ政府によるコロナ対策の無利子融資が始まりました。しかし、誰でもがこれを利用できるというわけではなく、一定の条件を満たせる方のみが利用できることに注意が必要です。この記事では、「どんな方が利用できるのか?」、「無利息って、本当?」、「借りたばかりでも使えるの?」といったコロナ対策融資についてお伝えします。
日本政策金融公庫

飲食店の深夜営業の手続きと注意点

飲食店が「深夜営業」をするためには、保健所の営業許可だけでなく、警察へ「深夜酒類提供飲食店営業開始の届出」を提出する必要がありますが、図面の作成などに高度な技術が必要なため、かなりハードルの高いものとなっています。そこでここでは、初めての方でも間違いなく手続きができるようご説明します。
一般事業者向けコンテンツ

「利益は出ているのに、資金繰りが苦しいのはなぜ?」その理由をわかりやすく解説。

「決算書では利益がかなり出ているのに、なぜこんなに資金繰りがきついんだ!」経営者の方の中には、こんな疑問をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか?これは利益と資金繰りの違いを理解できていないためにおこる疑問の一つですが、キチンと対応しないと最悪、「黒字倒産」ということになりかねません。ここではなぜ利益が出ているのに資金繰りが苦しいのかと、その対策をお話しします。
日本政策金融公庫

融資審査で差をつけるスケジュール表の作り方。

創業計画を作る際にいきなり計画を作り出してしまう方がいますが、これはやめた方がいいです。なぜなら、先に全体のスケジュール表を作っておかないと、途中でやたらと許可の取得に時間がかかってしまったり、またはその反対に必要な時間が取れなくなってしまったりするからです。また、スケジュール表は融資審査にも大きく役立ちます。ここでは、融資向けのスケジュール表の作り方から注意しなければならない点について解説いたします。
創業 許認可

飲食店の食品衛生責任者になるには?資格は難しい?

飲食店を営業でうっかり忘れがちなのが「食品衛生責任者」の資格の取得です。保健所の営業許可だけに気を取られていると、土壇場になって「講習の受講が間に合わない」、「営業ができない」ということになりかねません。また、食品衛生責任者の資格は、融資や開業資金の調達にも影響を及ぼしますので、手続きのもれがないよう早めの対策が必要です。
創業 許認可

実例資料付きで飲食店の営業許可を一発で取る!申請・書き方マニュアル

飲食店を経営するうえで必ず必要となるのが、保健所が発行する「営業許可」です。この営業許可がないと「お店はできたけど営業ができない!」ということになってしまいますし、融資もおりません。このように飲食店をするうえでとても重要な許可なのですが、申請書を書いて「はい、終わり!」というわけではありません。実際の店舗の検査などもあるため、初めての方はとまどうことも多いと思います。そこで、ここでは未経験の方でも一発でとれる、営業許可取得のノウハウを解説いたします。
日本政策金融公庫

必読!公庫の創業計画書をマネしてはいけない3つの理由。

これから創業融資を受けたいと考えている方の中には「どうしても融資が欲しいけど、何をすればよいかわからない」、「 本当に自分でも融資が下りるのだろうか? 」というお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?そんな時につい頼ってしまうのが日本政策金融公庫の創業計画の見本です。しかし、これを鵜呑みにしてしまうと後で「こんなはずじゃなかった」ということになりかねません。ここでは、「なぜ、日本の創業計画書をマネしてはいけないのか?」その理由についてお話しします。
一般事業者向けコンテンツ

融資の基本。運転資金・設備資金の違いについて

「手形割引・手形貸付・証書貸付・当座貸越のそれぞれの特徴」では、「形式から見た場合の融資の種類」についてご説明しましたが、今回はもう一つの分け方、「資金使途から見た場合の融資」についてご説明します。
一般事業者向けコンテンツ

融資を受けたいなら知っておくべき。「経常運転資金」・「経常収支比率」とは?

以前のコラムでは、「運転資金と設備資金の違い」についてご説明しましたが、運転資金には、さらに「どの程度の金額が妥当なのか?」や「どの程度の割合がよいのか?」を知る指標があります。 これが「経常運転資金」や「経常収支比率」といわれるもの...
タイトルとURLをコピーしました