経常運転資金

一般事業者向けコンテンツ

「設備資金」で融資を引き出すポイントとは?

事業をはじめるときに、投資金額が大きくなりやすいのが「設備」の購入資金です。そのため、銀行では設備資金の融資には特に慎重となります。しかし、設備資金の融資の場合には、その借り方や返し方に大きな違いがあるため、運転資金と同じ感覚で申し込んでしまうと、融資が出なかったり、大幅な減額となってしまいます。そこで今回は、「設備資金とは?」、「運転資金との借り方の違い」、「返済についての考え方」について詳しくご説明します。
一般事業者向けコンテンツ

「運転資金」の基本。これが説明できればもっと融資が出る!

「手形割引・手形貸付・証書貸付・当座貸越のそれぞれの特徴」では、「形式から見た場合の融資の種類」についてご説明しましたが、今回はもう一つの分け方、「資金使途から見た場合の融資」についてご説明します。
一般事業者向けコンテンツ

融資を受けたいなら知っておくべき。「経常運転資金」・「経常収支比率」とは?

運転資金には、「どの程度の金額が妥当なのか?」や「どの程度の割合がよいのか?」を知る指標があります。 これが「経常運転資金」や「経常収支比率」といわれるものです。 ここで は、この「経常運転資金」や「経常収支比率」についてご説明します。
タイトルとURLをコピーしました