借りにくくなった?「責任共有制度」について

一般事業者向けコンテンツ

皆さんは、「資金調達は、保証協会を使えば100%保証してくれるから安心だ!」などと
思っていませんか?
実は、一部の融資を除き、信用保証協会ではすべての責任を引き受
けてくれるわけではないのです。

現在では、信用保証協会が引き受ける責任は限定的となっており、この仕組みを
「責任共有制度」といます。

この「責任共有制度」を理解することに、信用保証協会の保証のスタンスや「今後、有
利な制度はどれ?」などということもわかってきます。

 

「責任共有制度」のポイント

1.保証割合の変更

2007.10.01より「責任保証制度」が実施され、これにより信用保証協会が保証をする融
資に関する保証限度の割合は 100% → 80% となっています。(一部の融資を除く)

2.変更による影響

残る責任の20%については、貸し出しをする金融機関側のリスク負担となることから、
この制度の実施以降においては、「貸出金利の上昇」や「貸し出しの抑制」が行われや
すくなっています。

3.責任共有制度の例外

通常の融資については、2007.10.01からこの融資の適用が行われていますが、以下の制
度融資については「責任共有制度」が適用されません。

① 創業融資(一部のものを除く)
② 特別小口融資
③ 経営安定関連保証(セーフティネット保証)1号~4号、6号
④ 経営力強化保証制度
➄ 事業再生計関連の融資
⑥ 求償権消滅保証  他

したがって、これらの責任共有制度が適用されない融資については、「今でも100%の
保証が受けられる」、「
金融機関が融資しやすい」というメリットがあります。
しかし、③において、セーフティネットの5号(
業況の悪化している業種に対する優
遇融資)が対象になっていないということに注意してください。

 

「 責任共有制度 」 の概要

1.責任保証制度とは?

これまで中小企業が金融機関から事業資金の融資を受ける際、信用保証協会が保証人
となる
協会保証付融資(通称゛マル保゛)や制度融資については、原則として、融資
額の100%を信用保証協会
が保証することになっていました。

しかし、平成19年10月からは制度の変更に伴い、一部の融資を除き信用保証協会が行
う保証の
上限割合が80%となり、残りの20%については各金融機関が「部分保証方式」
または「負担金
方式」のいずれかの方式により、そのリスクを負担することなりまし
た。

2.利用者への影響について 

今回の新制度の開始に伴い、各金融機関は20%相当の貸し出しについてリスクを負担
することになったため、以前のように気軽に信用保証協会を使うことが難しくなりま
した。

万が一、債務者が返済不能に陥った場合には、金融機関は80%相当を保証協会から支
払ってもらえます(代位弁済)が、残りの20%については金融機関自らが負担するこ
ととなります。この責任共有制度の実施に伴い、利用者には次のような影響が生じて
います。
 ➀ 貸出金利の上昇
 ② 
貸し出しの抑制
 
 保証料の減額

「責任共有制度」の実施で保証限度額が80%となることに伴い、信用保証料がその分
引き下げと
なります。この改正以前に、保証を受けている融資は、改正の対象となり
ません。

 

今後も100%保証が可能な融資

現在、信用保証協会による保証だけでなく、制度融資についても「責任共有制度」が
適用されていますが、以下にあ
げる融資商品については、政策的な配慮から、従来ど
おり100%の保証が行われています。

ここでは代表的ないくつかについてご説明します。

■ 創業融資(一部の者を除く)
- 東京都制度融資の中では「創業」がこれに該当

■ セーフティネット制度の1~6号のいずれかに該当し認定を受けて申し込む融資
- 東京都制度融資の中では「経営セーフ」がこれに該当。
    ただし、業況悪化の問いに利用できる5号については対象外

■ 「特別保証(小口零細企業保証制度)」
  - 東京都制度融資の中では「小口」がこれに該当
    
「小口」の概要
    
・ 従業員数    製造業 20 名以下 、 卸・小売・サービス業5名以下
    ・ 事業形態    法人・個人のいずれも対象
    ・ 使途、期間   運 転(7年)  設 備(10年)
    ・ 保証限度額   2,000万円   
    ・ 利  率
    1.9~2.5%  

なお、これらの融資については、金融機関側に万が一の場合の負担がないため金融
機関と
しても受け入れやすいものとなっています。したがって、これらの融資が利
用できる場合
には、まずはその利用をご検討ください。

 

          ※ ここから電話できます。

 


プロフィール
融資コンサル
引地 修一

119番資金調達NETの引地です。

創業者・中小企業経営者の方向けに、
● 融資の申込みの計画・申請、
● 事業計画書の作成、金融機関との交渉
● 契約・許認可手続き、経営の再建
などの「中小企業のお金と経営」をサポートしています。

特に、融資関係については、すぐに問題解決の提案をする「即効提案」がお客様から好評をいただいています。

【経歴】
2005年に金融・経営を専門とするIchigo(一期)行政書士事務所を開設。
2008に業界初の融資ノウハウをまとめた「確実に公的創業融資を引き出す本」を出版。異例の6刷増刷を達成。※現在も継続中。

コンサルティングでは、2020現在、累計相談者数2,000人を突破。6億2,000万円の資金調達額を達成中。
2008年に創業者支援団体ドリームゲートにて「資金調達部門」最優秀アドバイザーを受賞

【資 格】
行政書士、宅地建物取引主任、事業再生アドバイザー、品川区武蔵小山創業支援センター公認アドバイザー

【出版実績】
2008.12 「確実に公的創業融資を引き出す本」(TAC出版)を出版
     アマゾンレビュー評価4.2
2011.08 「銀行格付けアップ術」
2014.07 「飲食開業のための公的融資獲得完全マニュアル」

引地 修一をフォローする
一般事業者向けコンテンツ 信用保証協会 創業者向け一般コンテンツ
創業者・中小企業の無料融資相談なら119番資金調達NET
タイトルとURLをコピーしました