コンセプトバーの創業融資で800万円を獲得した実例を詳細に解説!

体験談

コンセプトバー ㈱キリン様のサポートの体験談(獲得額800万円)

ご相談の経緯

㈱キリンの中田さまは、本来、デザイン・写真の分野に興味があり自分でデザイン~縫製・撮影までを手掛けていましたが、アニメのコスプレ衣装の制作をしたのをきっかけに、アニメ好きとの交流が増え、次第にアニメをコンセプトしたバーの経営を考えるようになりました。

その後、バー店舗アイディアを募集した企画に応募したところそのセンスが認められ、その後、しばらくの間はその店の店長として活躍していましたが、ある程度資金がたまったことから、念願の自分の店をオープンすることにしました。

しかし、中田さまの周りにはバーの経営や資金の調達に詳しい人がいなかったため、アニメ好きの友達に相談したところ119番資金調達NETをご紹介いただいたのをきっかけに、融資のお手伝いをさせていただくことになりました。

⇒ その他の体験談(美容院 500万円)についてはこちら

問題点と対策

中田様は女性でありながら、デザインの仕事の他に本格的なバーで3年以上もバーテンダーの仕事をしてきたという経歴があり、バーテンダーとしての技術は十分にありましたが、経営の経験がないため、以下のような問題点を抱えていました。

➀ 自分が好きなことをするために、どのくらいの費用がかかるかがわからない。
➁ 当時としてはまだ珍しい、アニメバーというコンセプトを金融機関にどのように伝えたらよいのかわからない。
③ 飲食店の営業に必要な営業許可や、深夜営業の届出の手続きがわからない。

そこで119番資金調達NETでは、これらの問題に対して次のような対策を考えました。

立ち上げの費用について

本人からヒアリングをしたところ、彼女が費用の見積もりができない大きな理由として、具体的にどの層に対してどのようなサービスをするのかが明確になっていないことがわかりました。

彼女ははじめ、一般の20~30代の方を顧客層として想定していました。しかし、これではターゲットがボンヤリとしていて、経営や各種の対策の絞り込みが難しくなります。
また、そもそもアニメ好きの方との交流の場を作りたいという想いで思いで始まったものですが、これではその思いが活かせません。


そこで119番資金調達NETでは、アニメ好きのいわゆる「オタク」と言われる分野の方にターゲットを絞り、より際立った内容のスタイルでの運営を提案しました。

また、店でどんなことをするかについては、ご希望は多くありましたが予算の関係もあることから
 ・ お酒を飲みながらコスプレ衣装をレンタルし、その写真撮影ができる
 ・ 定期的に店内でコスプレ大会のようなイベントを開催する
という方向でまとまったため、必要な融資額が800万円であることがわかりました。

金融機関に店のコンセプトを伝える

金融機関は新しい事業や取り組みに対して消極的な部分があるため、今回の店のコンセプトが受け入れてもらえるかという心配がありました。

これが通常のバーならば特に問題はないのですが、このようなコンセプトでの取り組みはおそらくその金融機関の支店では初めてだろうと思われたため、 いかに経営的に問題がないかということを納得させる必要があったのです。

そこで119番資金調達NETでは、バーの売り上げの他にコスプレ衣装のレンタル代や写真撮影代が収益源の一つになると想定し、それぞれについて見込まれる収益を計算しました。

また、売上を上げるとともに集客性を高める目的で、 ランチ営業も並行して行い、昼間の客層に対しても店の存在を周知していくこととし、売上げに不安がないことを事業計画にまとめました。

その他にも、「 YouTube を利用したライブ配信を行い、イベント性を強める」、「近隣の店舗とタイアップをし、合同でイベントを行う」といったプログラムも用意することにより、集客面での問題がないことをアピールしました。

許認可について

バーの営業をする場合には、保健所の営業許可の他に、深夜営業の届出が必要となります。

保健所の営業許可については内装工事完了の約1週間前に届出をして、その後に実地検査を行わなければなりません。

また、深夜営業の届出は、営業開始の10日前までに管轄の警察へ届出を提出しなければならないのですが、これには特別な図面なども提出しなければならないため、一回で手続きが完了するとは限らない部分があります。

このような所定の許可や届出をした上でないと融資の審査は OK でも、許可後でなければ資金が入金されないため、そのスケジュールの調整には綿密な計画が必要となります。

これらの手続きについては中田さまは初めてということだったので、すべてこちらの方で手続きをさせていただきました。

結果について

この時には、以上のような問題点があったものの、事業計画書にこれらの対策をうまくまとめた結果、無事、店のコンセプトも理解され、希望額である800万円の融資を獲得することに成功しました。

119資金調達NETでは、「どうすれば希望する融資が獲得できるか?」について、それぞれのお客様の立場に応じたサポートを行っています。十分なヒアリングをさせていただいた上で、最適な解決のご提案をさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

⇒ その他の体験談(美容院 500万円)についてはこちら

          ※ ここから電話できます。

 


プロフィール
融資コンサル
引地 修一

119番資金調達NETの引地です。

創業者・中小企業経営者の方向けに、
● 融資の申込みの計画・申請、
● 事業計画書の作成、金融機関との交渉
● 契約・許認可手続き、経営の再建
などの「中小企業のお金と経営」をサポートしています。

特に、融資関係については、すぐに問題解決の提案をする「即効提案」がお客様から好評をいただいています。

【経歴】
2005年に金融・経営を専門とするIchigo(一期)行政書士事務所を開設。
2008に業界初の融資ノウハウをまとめた「確実に公的創業融資を引き出す本」を出版。異例の6刷増刷を達成。※現在も継続中。

コンサルティングでは、2020現在、累計相談者数2,000人を突破。6億2,000万円の資金調達額を達成中。
2008年に創業者支援団体ドリームゲートにて「資金調達部門」最優秀アドバイザーを受賞

【資 格】
行政書士、宅地建物取引主任、事業再生アドバイザー、品川区武蔵小山創業支援センター公認アドバイザー

【出版実績】
2008.12 「確実に公的創業融資を引き出す本」(TAC出版)を出版
     アマゾンレビュー評価4.2
2011.08 「銀行格付けアップ術」
2014.07 「飲食開業のための公的融資獲得完全マニュアル」

引地 修一をフォローする
体験談
創業者・中小企業の無料融資相談なら119番資金調達NET
タイトルとURLをコピーしました