信用保証協会

誰でも使えるは本当?信用保証協会を利用する場合の条件について

制度融資は、日本政策金融公庫の新創業融資制度と並ぶ創業融資の代表です。信用保証協会はこの制度融資の中で「信用の提供」という重要な役割を担っています。そのため、信用保証協会から信用の提供を受けられない(つまり、信用保証協会が保証承諾をしない)場合には、信用保証協会だけでなく、制度融資も利用できなくなってしまいます。なお、信用保証協会は、通常、たいていの方が利用できますが、いくつかの条件があり、この条件に抵触する場合には利用できないこともあります。ここでは、「どのような方であれば信用保証協会を利用できるのか?」、「利用できない場合とはどんな場合か?」についてご説明します。
日本政策金融公庫

担当者からの聞き取りで分かった!日本政策金融公庫の融資の審査基準

審査基準というのは、それぞれの金融機関ごとに決められており、これが正式に公表されることはありませんが、過去の経験や担当者からのヒアリングによりある程度これを推測することは可能です。そこで、ここでは現時点でほぼ間違いないと思われる日本政策金融公庫の融資の審査基準についてご説明します。
日本政策金融公庫

日本政策金融公庫融資の必要書類と書き方見本

日本政策金融公庫で融資の申込みをする場合には、通常、以下のような書類の提出を求められます。通常の融資の場合と創業融資の場合とでは基本的な必要書類は同じですが、一部異な るものもあるためご注意ください。
日本政策金融公庫

日本政策金融公庫の特徴と創業融資攻略の極意

日本政策金融公庫は、飲食店の開業希望者の多くが利用する創業融資の代表的な金融機関です。 しかし、だからと言って誰でも融資を受けられるわけではなく、融資の成功率は3~4割ともいわれています。 ここでは日本政策金融公庫の融資の特徴と、少しでも多くの融資を引き出すための極意についてご説明します。
日本政策金融公庫

絶対した方がいい!評価される創業計画書を作るための5つの確認

もしあなたが「とりあえず、空欄を埋めていけばよいだろう。」という感覚で事業計画書を作ろうと考えているのであれば、まずはここに書かれていることを読んでからにしてください。なぜなら、創業融資の事業計画書には、計画を組み立てるための順序があるからです。そもそも、事業計画書の用紙は順番通りに書き込めば計画書が作れるという仕組みにはなっていません。なので、この順番を無視して取り掛かってしまうと、かなり高い確率で「つじつまが合わない」、「こんなはずじゃなかった!」ということになります。そうならないためにも、まずはここでお伝えするステップとチェックをしてから、計画書の作成に臨んでいただきたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました