脱サラした方に人が高いのが、FCシステムを利用した開業です。
現在、その種類は何百とありますが、いずれについても本部のノウハウや看板、知名度
などを利用
して営業をするという点では同じです。

最近では初期投資を抑えた小資本でできる業種が人気となっていますが、本部側でお客
を紹介して
くれるわけではないため、営業のための最低限の資金は準備しておく必要が
あります。

ただし、FC本部の中には、いわゆる「開店屋」といって、参加者の加盟金目当てで何の
支援もしなかったり、そのまま行方をくらませてしまうとこもありますので、選定にあ
たっては十分な注意が
注意が必要です。
※ FC開業の知識と落とし穴

 

業界の概要

㈳日本ランチャイズチェーン協会による2016 年度の調査によれば、日本国内のフラン
チャイズチェーン数は 1,335 チェーンを数え、+0.5%(6 チェ ーン増)と 7 年連続の
増加となりました。

また、国内の総店舗数(直営店と加盟店の合計)は 26 万 3,109 店舗で、+0.8%
(2,117 店舗増)と なり、8 年連続の増加、売上高は 25 兆 974 億円、+2.0%
(5,029 億円増)と、7 年連続のプラス成長となっています。

2017年のFC別売上げランキングは以下のとおりです。
1位 コンビニ        2位 家具・家電・家庭用品小売販売
3位 ファーストフード    
4位 各種総合小売
5位 医薬品・書籍・スポーツ用品・中古小売    
6位 レストラン
7位 リース・レンタル    8位 住宅建設・リフォーム・ビルメンテナンス
9位 自動車・自動車関連    10位 学習塾・カルチャースクール

また、2010~2014年を通した伸び率では、以下のようになっています。
1位 コーヒーショップ    2位 レジャーサービス・ホテル
3位 自動車整備       
4位 リース・レンタル
5位 DPE・印刷・コピー  6位 コンビニ   

7位 医薬品・書籍・スポーツ用品・中古小売  8位 ファーストフード
9位 自動車・自動車関連  
10位 衣服・靴・生活用品

 

融資のポイント

FCで開業する場合には、通常、まとまった額の加盟金がかかります。
また、営業の開始後には、売上に対する一定の割合のロイヤリティーもかかるのが普通
ですが、これは粗利や利益から支払うものではないため、売上が低い場合にはそのため
に赤字となってしまう可能性があります。

また、融資の審査においては加盟者自身の内容や資質が対象となるのは当然ですが、こ
れとは別に
FC本部についても審査が行われます。
したがって、加盟者本人には何の問題もなくとも、本部側に「借入が多すぎる」、「信
用情報に
問題がある」、「経営不振」などの事情があると、加盟者の審査結果にも大き
な影響を与えること
となります。

なお、審査では本人の事業についての経験の有無が重視されますが、加盟者に対する訓
練を十分にしている場合には、本人に業務経験がなくとも
このトレーニングでカバーで
きる場合も在るため、未経験者には安心できる部分もあります。

 

融資の出やすさ

65 / 100~85/100   ※最高を100とした場合  

FC開業資金の融資については、加盟するFCの内容や本部の体制によって大きく評価
が分かれる可能性があります。

大規模な設備などが必要となる店舗については、借入額もそれなりに大きくなる傾向に
ありますが、そのような場合にはそれに見合っただけの自己資金が必要となりますので、
すべてを借り入れで賄うような事業計画書は認められません。

開業後には金融機関への返済だけでなく、ロイヤリティの負担があるのが普通ですので、
資金の調達にはこの点を考慮した計画が必要となります。

 

→ トップページに戻る