日本政策金融公庫は誰でもご存知のようですが、信用保証協会についてはあまりご存
じない方が多いようです。

信用保証協会の特徴

しかし、これは日本政策金融公庫の他に、創業者の方が利用できる制度としては唯一のものとなりますので、十分にその仕組みを理解し、活用していただきたいと思います。

 

 

信用保証協会とは?

信用保証協会とは、本来、担保や保証人のない中小企業に対して、一定額の保証料を
支払って金融機関から融資を受けられるようにすることを目的に設立された特別法上
の法人です。
現在は、47都道府県と4市(横浜市、川崎市、名古屋市、岐阜市)にあり、業務を行
っています。

この信用保証協会では、このような信念にもとづき、利用対象者が金融機関から資金
調達をする場合の借入金につき一定の保証を行います。

しかし、信用保証協会が直接に保証対象者に対して融資をするものではありません。
また、信用保証協会は、独自に融資に対する保証を行う他、都道府県や市町村と協調

して融資に保証をする「制度融資」により資金調達のサポートを行っています。

 

「プロパー融資」と「協会制度」、「制度融資」の違い

「プロパー融資」とは、市中の金融機関が独自の判断で行う貸出しのことを言います。
これに対し、「協会制度」とは、個別の金融機関の融資に信用保証協会が保証をする
タイプの保証制度のことを言います。例えば、あなたが銀行から融資を受けるときに
信用保証協会にお願いして保証人の代わりになってもらうような場合がこれにあたり
ます。

また、「制度融資」とは、都道府県と金融機関、信用保証協会の3者が協調して融資
と保証を同時に行う、いわば融資+保証のパッケージのような制度です。

「保証付き融資」と「制度融資」の大きな違いは、「保証付き融資」が個別の融資に
ついて申込人から依頼があった場合に信用保証協会が保証を行うものであるのに対し、
「制度融資」は初めから融資と保証がセットになっている点にあります。

制度融資の仕組み

 

 

 

 

 

 

 

制度融資の仕組み

1.制度融資における各役割

① 都道府県の役割
制度の設計、運用を行います。
② 金融機関の役割
申込の受付の他、信用保証協会の保証がされた場合に融資を行います。
③ 信用保証協会の役割
金融機関からの依頼により、保証が可能かどうかの審査を行います。

 

2.制度融資の流れ

① 金融機関への申し込み
➡ この時に同時に保証の申し込みも行います。

② 申込金融機関から信用保証協会へ保証の申し込み
➡ 金融機関から信用保証協会へ保証の可否の審査を依頼します。

③ 金融機関による審査
➡ 申し込み先の金融機関で融資の引き受けが可能かどうかの審査をします。

④ 信用保証協会による審査
➡ 信用保証協会で保証ができるかどうかの審査をします。

⑤ 保証結果の通知
➡ 信用保証協会から金融機関へ保証の結果についての通知がされます。

⑥ 金融機関との契約
➡ 保証・融資審査ともにOKの場合は、金融機関と金銭消費貸借契約を行います。

➆ 融資の実行
➡ 金融機関から申込者の口座に資金が振り込まれます。

 

→ トップページに戻る