もし、ある日突然、あなたのところに代位弁済の通知が来たら、あなたはどうするで
しょうか? 「逃げる?」、「それとも、無視する?」

代位弁済への対策「代位弁済の通知が来た!」
いずれにしても、それだけでは何の解決にもなりません。

そんなことをしなくても、代位弁済がどういうもので、信用保証協会にどのような対応をするかを知っておけば、最善の手を打つことができます。

ここでは、代位弁済についてと、代位弁済がされたときに取るべき対応についてご説明します。

 

1.「代位弁済」とは?

代位弁済とは、債務者が信用保証協会の保証付きで借りた融資を返済できない場合に、
信用保
証協会が金融機関に代わってこの返済を肩代わりする制度のことを言います。
 

これにより、以降、信用保証協会が債務者に対して弁済を求めていくこととなります。

「代理弁済」などといわれることもありますが、「代位弁済」が正式名称です。


代位弁済がされた場合の手続きの流れとしては、
A社(債務者)が金融機関から融資を受け、その後に一定期間その債務の返済がされな
かったときに、金融機関は信用保証協会に対して代位弁済の請求を行います。

これにより、信用保証協会がA社に代わって債務の弁済(代位弁済)をした場合には、
その後は信用保証協会がA社に対して弁済した額の返済を求めることができるようにな
ります。

また、代位弁済がされた場合には、金融機関は当事者ではなくなり、その後の返済につ
いてはA社と信用保証協会の間で行うこととなります。

代位弁済への対策

 

 

    

 

 


最近の代位弁済の状況としては、平成26年度については件数49,771件(対前年比82.2%)、
額526,570百万円(対前年比80.9%)となっており、1件当たりでの負債額は1,060万円程
度と
なっています。

また、過去数年間の状況を見てみますと、件数ベースでは
平成22年度ー86,796件、平成23年度ー77,586件、平成24年度ー71,056件、
平成25年度ー
60,522件
となっており、ここ最近は減少傾向で推移しています。

 

2.代位弁済がされるとどうなる?

通常、代位弁済がされると、次のようなデメリットを被ることとなります。

① 債務を完済するまで、代位弁済をした旨が信用情報に登録される。

② その結果として、この間については信用保証協会付融資のみならず、プロパー融資
  
他の政府系融資、その他のローンを利用できなくなる。

③ 代位弁済期間中は、利息の支払いに代わって14.6%の損害金がかかってくるため、
  
済総額が大きくなる。


なお、信用保証協会は国の機関であるため、一部、例外を除いて、債権の放棄や譲渡と
いっ
たことは行いません。

信用保証協会の債権が代位弁済となった時に、債権の回収を行う信用保証協会債権回収
会社という組織がありますが、これは信用保証協会から管理回収業務の委託を受けてい
るだけであり、売却や譲渡はされていません。

したがって、債権者はあくまでも信用保証協会となります。

 

3.「代位弁済」されたら

①「代位弁済」後にすべきこと

代位弁済の請求がされたからといって、保証人への請求や競売といった法的な手続きが
すぐに行われるわけでもなく、話し合いの余地は残されています。

とはいえ、「話し合いを放棄する」、「信用保証協会の出してきた条件を飲まない」な
どの
場合には、いずれは強制的な手続きとなってしまいます。

これを避けるためには、まずは代位弁済の通知があった時には信用保証協会へ速やかに
連絡をし、今後の返済について打ち合わせをする必要があります。

しかし、もし、保証人や差し入れている担保がある場合には、同時にこれらに関する対
策も考える必要があります。
 
➙ 「保証人がいる場合の対処法」は?

もし、代位弁済の通知が来た場合には、まずは冷静になって
「借入と返済の状況」  「今後の資金繰りの見通し」  「担保や保証人の有無」」
「担保に入っている物件の現在の時価評価額」
の4点につき正確な把握をし、今後の信用保証協会との協議に備えてください。

② 「代位弁済」をされたら、融資を受けられないのか?

代位弁済により信用保証協会に対して債務を負っている場合でも、その後の事業が好調
となり、ある程度以上の弁済ができるようになった時には、あらたに保証付き融資をう
けること
ができるようになります。

これを「求償権の消滅保証制度」といいます。
  ➙ 「求償権影響の消滅保証制度」とは?

以上のように「代位弁済」を受けると様々な不利益となりますが、このように必ずしも
「代位弁済」=「事業の終わり」ではありませんので、まずはご自信状況を正確に把握す
るように努めてください。

 

→ 「代位弁済の影響は?」に続く

→ トップページに戻る