創業者・開業者の方へ! 3,000件を超える相談実績。119番資金調達.netでは毎日、無料相談を実施中。 03-6240-9671
119番 資金調達net

    詳しくはこちら



TOPページ

プロフィール

料金、サービスについて

事務所の所在地


特定商取引法の表記

個人情報保護法の表記

これまでの実績・解決事例

サイトマップ



特集関連

融資成功 FAQ

再チャレンジ融資の活用法

金融検査マニュアルの裏技的使い方

融資制度お勧め特集

少人数私募債への挑戦

債務の減額テクニック

融資申込みNG集

上手な支援策の利用法

登記手続きでトクする方法

新会社法FAQ辞典

敷金返還 ノウハウ

FC加盟  資金調達編

FC加盟  トラブル・対策編



日本政策金融公庫関連

日本政策金融公庫の特徴

融資ための必要書類

公庫融資 必勝の極意

事業計画書作成の流れ

実践!事業計画書作成 & ポイント



信用保証協会関連

信用保証協会融資の特徴

保証と制度融資との違い

保証協会利用上の注意点

利用条件と利用不可の場合

中小企業者とは

保証対象業種とは

保証料について

保証人と担保

代位弁済とは

制度融資の申し込み方法



創業者向けコンテンツ

融資獲得のための正しい会社の設立方法

500万円最速調達セミナー

創業予定者応援講座

正しい自己資金の考え方・作り方

創業時融資制度の改正点

自己資金0でも借りれるか



経営者向けコンテンツ

制度融資って何?

制度融資 メリット・デメリット

金融機関はここ見て貸す!

セーフティネット融資で危機脱出

債務者区分の秘密

債務者区分攻略法

債務者区分判定チャート

赤字決算の場合の対処法



その他コンテンツ

申込み~融資実行までの流れと期間

主要利率一覧表

責任共有制度ってナニ?

100%保証が受けられる商品はこれだ

公的創業融資を確実に引き出す本

事業再生士とは?

セミナー紹介

リンクサイト





                
 借り入れ診断・対策コーナー 



       
     以下の質問に1から順に答えてください。

      最終的なアルファベットが、あなたの会社の債務者区分(金融機関が判定するあなたの会社
      のランク)と借入可能性額の目安となります。


        ※ このチャートによる結果は、一つの目安であり絶対的なものではありません。
        資産の状況や業歴、 担保や保証人の状況等により判定結果は変わります。
        正確な銀行格付けについてはお取引先の金融機関へご確認ください。
        また、判定の内容は、主に都市銀行における評価を想定して作成してあります。


  

   質  問



     
1 債務超過である  (YES→2へ・NO→8へ・経営が破綻している→
 
  
    
2 債務超過は前期のみである  (YES→5へ・2期連続なら→3へ
 
  
    
3 延滞がある  (YES→4へ・NO

  
    
4 延滞期間は1ケ月以上6ケ月未満である  (YES→・それ以上→

  
    
5 借入れについて延滞がある(YES→6へ・NO→

  
    
6 延滞期間は1ケ月以上3ケ月未満である  (YES→・それ以上→7へ

  
    
7 延滞期間は3ケ月以上1年未満である または それ以下の期間でも金利
        の減免やその他貸出条件の緩和を受けている
                          
(YES→
延滞期間が1年以上→

  
    
8 延滞がある  (YES→6へ・NO→9へ
 
  
    
9 黒字である  (YES→10へ・NO→

  
   
10 繰越損失がある  (YES→・NO→A

 
    
11 繰越損失がある  (YES→
・NO→

 
    
12 金利の減免やその他貸出条件の緩和を受けている  (YES→B`・NO→

     
13 延滞期間は3ケ月以上6ケ月未満である  (YES→B`・NO→19へ

  
   14 延滞期間は6ケ月以上1年未満である  (YES→・それ以上→
 

  

債務者区分の判定

   金融機関では、あなたの会社の債務者格付けを以下のように判断している可能性があります。
債務者区分 債   務   者   の   状   況

 A  正  常  先

 B  要注意先

 B´ 要管理債権先

 C   破綻懸念先

 D   実質破綻先

 E   破  綻  先


  業績が良好であり、財務内容にも特段の問題がない


  業績低調、延滞など、今後の管理に注意を要する


  要注意先のうち要管理債権※がある


  現在は経営破綻の状況にないが、今後、破綻が懸念される


  法的・形式的な経営破綻の事実はないが、実質的に破綻状態


  法的・形式的な経営破綻の事実が発生している


       【要管理債権とは?】 

        要注意先のうち3ケ月以上の延滞及び貸出条件の緩和(債務者を再建又は支援する目的で
          金融機関が債務者に有利な条件変更を行うこと)がされた場合のその債権をいいます。
        これがあると、単純な要注意先よりも格付けが1ランクダウンします。





  今後の借り入れの可能性について
  
      上記の判定の結果が    の会社

       →  財務上は特に問題がなく、すでに多額の借り入れ等をしていない限り、融資を受けられる
          可能性が十分にあります。
          借り入れ可能額の目安については、次の項で計算してください。


      上記の判定の結果が    の会社

       →  借りられる可能性はまだありますが、具体的な財務の内容や金融機関の対応によっては、これ以
          上の融資が厳しい場合があります。
          早期に問題点を改善し、債務者区分の改善をする必要があります。
          借り入れ可能額の目安については、次の項で計算してください。


      上記の判定の結果が  B´ の会社

       →  通常の形では、まず借りられないと考えた方が無難です。
          財務内容によっては、融資を受けるどころかこれまでの借入金の回収(貸しはがし)対象となるこ
          とも十分に考えられる状況です。
          特にランクが低くなるほど、その可能性が高まるため、至急に対策をする必要があります。



      この判定結果がよくとも借りられないケース

       以下のいずれかの項目に該当する場合には、ここでの判定結果がよくとも借りられない場合がありま
       すのでご注意ください。

        ・ 会社または代表者に金融事故の経歴がある。

        ・ 会社または代表者に多額のノンバンクからの借り入れがある。

        ・ 決算書の勘定科目の中に不明瞭、不自然なものがある。

        ・ 決算書が、粉飾を強く疑われる内容である。

        ・ ここ数年で売り上げや利益が減少傾向にある

        ・ 経営者が高齢で後継者が決まっていない。

        ・ 申込先の金融機関が、融資の取り上げに消極的である。

        ・ 会社の有利子負債(社債および今回借入希望分を含む)の全額を「一年間の税引き後利益+
          一年間の減価償却額」で割った年数が10年を超える。(10年ルール)   
                                                など






  借り入れ可能額の目安


           「 一年間の税引き後利益 + 一年間の減価償却額 」 

        -  「 既存の借り入れの一年間分の返済額 」

           -------------------------------------------------------

                
    今後、借りられる可能性のある額


       例


        貴社の今年の税引き後利益額          500万円
        貴社の今年の減価償却額の合計         300万円     小計 800万円    ①

        既存の借入額 A の今年度分の返済額      200万円
        既存の借入額 B の今年度分の返済額      200万円     小計 400万円   ②


         今後に借入れのできる可能性がある額           ① - ② =  400万円

         ※ この計算式は金融機関が貸出をする際に求める最低限の条件であり、目安です。
           従って、この計算式による額が必ず借りられるものを保証するものではありません。
                  


        「具体的な判定を受けたい方」、「格付けUPのアドバイスが欲しい方」は下記より
        ご相談ください。





             お問い合わせ、料金についてはこちら


                      ホームに戻る