創業者、中小企業の融資その他資金調達を高確率に達成 |  35,000円~/月で御社を「次の決算まで」に改善します。 

たった一度の創業融資のチャンスを無駄にしないために・・・

最近、多くの創業者の方から、
こんなご相談をよく受けています。

多くの創業者の方から、こんなご相談をよく受けています。|Ichigo(一期)行政書士事務所
創業融資が得意というから頼んだのに、まったく経験がなかった。
すぐできるといっていたのに、事業計画の作成に1ケ月以上も時間がかかった。
制度融資(信用保証協会付融資)については、サポートしていないといわれた。
許認可に手間取り、OPENに間にあわなくなってしまった。
事業計画書を作ってもらったが、金融機関からダメ出しされた。
融資のサポートを頼んだら、長期の顧問契約を薦められた。

こんにちは。119番資金調達NETを主宰しています、Ichigo(一期)行政書士事務所の引地です。

これらはいずれもHPを見て士業の先生やコンサルに依頼したものの、どうにもならずに私のところに持ち込まれたご相談の数々です。
最近、「創業融資が専門です」とうたっているサイトが増えていますが、その中にはかなりの数の未経験者や実務経験の浅いところが含まれています。

そのため、このようなところに依頼してしまうと、このようなトラブルに巻き込まれかねません。

119番資金調達NETの12の特徴

14年にわたり2,000件を超える融資サポートの実績。
融資書籍で、例のない累計18,000部の出版を達成。
2008年ドリームゲート融資部門で代表が最優秀賞を受賞
最大1.8億円の融資、1.5億円の私募債の調達に成功。
ご依頼から最短5日で事業計画書を作成。
日本政策金融公庫&保証協会融資を同一料金で同時に申請
初回の相談は完全無料。(電話20分orメール)
依頼後は、相談時間制限なし、追加料金不要
オリジナルの想定問答で、金融機関との面談も対策万全
10 遠方の方でも、電話・メールのみでご依頼可能
11 融資だけでなく、許認可や集客についても併せて指導。
12 代表が金融機関出身だから、融資を引き出すツボを熟知。

その事務所が「本当に創業融資が得意なのか?」どうかは、次の5つのポイントをチェックすることでわかります。

1.日本政策金融公庫の融資にしか対応できない。

一般的な創業者の方が利用できる融資は、日本政策金融公庫と都道府県などが行っている制度融資(信用保証協会付融資)の2つだけです。
しかし、士業やコンサルの中には、「サポートできるのは日本政策金融公庫だけ」というケースも多く、その場合、利用者の方はせっかくの制度融資のチャンスを無駄にすることになってしまいます。
これでは、万が一、日本政策金融公庫の融資が出なかったり、金額が減額されてしまったというような事態に対応できません。

2.定型のテンプレートを使って事業計画書を作っている。

事業計画書のもととなる事業のプランは、創業者の方の数だけあります。
なので、事業計画書もその方にあわせたものであることが絶対に必要なのですが、最近では何度も同じテンプレートを使って計画を作るところが非常に増えています。
しかし、金融機関もこのようなテンプレートにはうんざりしているので、当然、このような事業計画書では融資の確率も大きく下がることになります。

3.事業のプランについて、具体的な提案や適切なアドバイスがない。

事業プランの良し悪しは、融資が出るかどうかの要(カナメ)です。
そのため、適切な事業プランの提案・組み立てには、業種や経営についての深い知識と経験が必要です。
しかし、これらの少ないコンサルではありきたりな計画しか作れず、またプランについても具体的なアドバイスができません。
そのため、計画自体も金融機関の納得が得られない「弱い」ものとなってしまいます。

4.必要な許認可や手続きのことを知らない。説明できない。

創業融資では、その事業に必要な許認可が取れていることが条件となります。
なので、事業計画は作れても、取るべき許認可を見落としていたり、その取得ができないなどの場合には融資はおりません。
そのため、創業融資の申請では「どんな許認可が」、「いつまでに」必要なのかといった、スケジューリングが非常に重要となります。

5.見た目の料金は安いが、長期の顧問契約などがセットになっている。

最近の融資コンサルの中には、見た目の料金は安くても、「実は長期の顧問契約がセットになっている。」という場合がよくあります。
けれど、このようなケースでは、顧問契約の獲得が主な目的であって、創業融資についてはあまりよく知らないという場合が少なくありません。
また、その顧問契約自体も割高だったり、創業者には必要のないサービスだったりすることも多いため注意が必要です。

Ichigo(一期)行政書士事務所は、融資一本で勝負します!

累計1.8万部超!アマゾン評価50以上!
読者の3割以上が士業という実績

amazonレビュー

119番資金調達NET代表引地修一の著作「公的創業融資を確実に引き出す本」は、この分野の書籍としては異例の累計1.8万部、増刷数6回を数え、最も長く出版されている融資書籍の1つとなっています。
また、出版取次最大手のアマゾンでも、創業融資ランキングで高い評価をいただいているだけでなく、その読者の3割以上が士業の方となっています。
レビューについては、こちらをご覧ください。

多くの方から高い評価をいただいた、その理由(ワケ)は?
私の本がなぜ、これだけの高い評価をいただけたのかといえば・・・
それは、ここまで具体的に融資のノウハウを明らかにした本がなかったからです。
それまで
「融資額をもっと大きく増やすには?」
「どんなプランを作れば融資が通りやすい?」
「自己資金として認められるのは、どこまでか?」
などといった、融資の実務的なノウハウは一部の専門家にしか知られていませんでした。
そこで私は、それまでの経験から得た知識だけでなく、直接、日本政策金融公庫や信用保証協会などから聞き取った結果をまとめ、初めて読む方でも、この1冊だけで満足のいく事業計画書を作れるように書いたのがこの本です。
その結果、今では多くの士業や専門家だけでなく、これから開業を目指す方の創業融資のバイブルとして読み継がれています。
119番資調達NETでは、これらのノウハウと積み重ねた実績を最大限に生かし、一人でも多くの方の満額融資をサポートしていきます。

1度きりの成功のチャンスを確実にサポートします。

1度きりの成功のチャンスを確実にサポートします。「知らなかったから・・・」
「よくわからないから・・・」
「 誰も教えてくれなかったから・・・」
このような言い訳が通じないのが、融資の世界です。
なぜなら、融資の申し込みは
「 一 回 勝 負 」
だからです。

よく「一度失敗したら、また、申し込めばいいじゃないか!」
とおっしゃる方もいますが、一度、融資に失敗した場合には「その後、最低6ケ月間は融資をしない」というのが金融機関の暗黙のルールとなっています。

なので、一回の失敗は、その後の創業プランに大きな影響を及ぼします。

また、仮に日本政策金融公庫で満足のいく融資額が得られなかったからといって、あわてて不足分を制度融資(信用保証協会付融資)に申し込んだとしても、期待する金額が出ないというケースがほとんどです。
なぜなら、制度融資の担当者から見た場合、その方はすでに日本政策金融公庫の融資という借金を負っているとみるからです。(逆の場合も同じです。)

なので、このようなリスクを避けたいのであれば、2つの創業融資は同時に申し込む必要があります。

しかし、日本政策金融公庫と制度融資とでは、組織だけでなく、申し込みの要件や審査のポイントにも大きな違いがあるため、そのまま同じ計画を提出するわけにはいきません。
したがって、もし、両方の融資について最大限の金額を引き出そうとするのであれば、日本政策金融公庫だけでなく、制度融資にも精通していることが不可欠となります。

 

119番資金調達.NETには、この日本政策金融公庫と制度融資の両方を利用するノウハウで、依頼者の方が望む以上の融資を引き出す自信と実績があります。

「聞いておいてよかった」を約束します。

まずは無料でご相談ください!

119番資金調達.NETでは、20分の電話無料相談とメール相談を行っています。
でも、無料相談だからといって、絶対に手は抜くようなことはしません。
「たった20分」と思う方もいるかもしれませんが、この20分の相談だけで4割近くの方がその悩みを解決できています。
繰り返しとなりますが、融資は申しこんだらそれまでです。
後でミスがわかっても撤回はできません。

なので、例えば
「残高不足で住宅ローン引き落としが間にあわない月があった。」
「預金の一部が、自己資金として認めてもらえなかった。」
「住民税や光熱費について、支払い漏れがあった。」
などといった些細なミスが一度あるだけでも融資は難しくなってしまいます。

だからこそ、あなたにはこんな失敗をする前に気づいてほしいし、また、そのために無料相談を使っていただきたいのです。

確かに、無料相談だけでは十分でないこともあるかもしれません。
しかし、たった一本の電話で「気づける」、「解決できる」こともたくさんあるのです。

ですので、もし、あなたに創業の悩みや疑問があるならば、まずは一度ご相談してみてください。
きっと「聞いておいてよかった!」と思えるアドバイスをさせていただくことをお約束します。
 ※ 過去の実績についてはこちらをご覧ください。

お客様の声

お客様の声1お客様の声2お客様の声3お客様の声4お客様の声5

※アマゾンレビューより抜粋。

ご相談・料金について

119番資金調達NETでは、出張や打ち合わせといった特別な時を除き、毎日19時までは電話相談を受け付けています。
この時間内であれば、土日祝日であっても結構ですので、遠慮なくご相談ください。

ただし、無料での電話相談は「一回のみ」とさせていただいております。
もし、2度目以降のご相談や20分を超えてのご相談、もしくは直接面談をされてのご相談の場合には、40分ごとに8,640円(税込み)の相談料がかかりますことを予めご了解ください。

また、正式に融資コンサルをご依頼いただいた場合の料金は

着手金 108,000円(税込み) ※同一で2つの金融機関までをサポート
成功報酬 融資額の4%(税別)

となっています。 ※ 詳しい料金についてはこちらをご覧ください
もし、あなたがいきなりのご相談にご不安があるならば、まずは、先に他の事務所でご相談いただいてからでも結構です。

Ichigo(一期)行政書士事務所では、いつでもご相談をお待ちしています。

※なお、創業融資以外の一般融資に関するご相談も、無料で受け付けていますのでお気軽にご連絡ください。

代表引地修一の経歴

経 歴

Ichigo (一期) 行政書士事務所代表。 2005年5月開設。
主な保有資格として、行政書士の他、事業再生士補(ATP)、事業再生アドバイザー、宅地建物取引主任など
2008年 創業融資の実務書「公的創業融資を確実に引き出す本」(TAC出版)
を出版し、現在、類書では異例の6刷目を刊行中。
2008年、日本最大の創業者支援団体ドリームゲートにて「資金調達部門」最優秀アドバイザーを受賞。
2011年「次の決算に間に合う。銀行格付けアップ術」(TAC出版)を刊行。
2014年「飲食開業のための公的融資獲得完全マニュアル」(TAC出版)を刊行。
2017年通算相談件数2,000件を達成。
新宿商工会議所、足立区役所、江東区役所などの公的機関の他、エプソン販売株式会社、フジサンケイビジネスアイなどの著名企業からセミナーを受託。
一般社団法人コンブリオ理事や各種交流を通じて、これまで100名を超える行政書士新人の育成、アドバイスを行う。

主な実績

最大1億8,500万円の融資、1億4,700万円の私募債の調達等を実現!

対象企業業種 所在地 金融機関 調達金額
ペット葬祭 神奈川 日本政策金融公庫 6,000,000円
イタリアン 東京 日本政策金融公庫 7,500,000円
不動産業 東京 日本政策金融公庫 6,000,000円
不動産業 東京 信金プロパー融資 185,000,000円
ガールスバー 東京 日本政策金融公庫 4,000,000円
不動産業 東京 一般投資家(私募債) 147,000,000円
バー 神奈川 制度融資 4,500,000円
バー 神奈川 日本政策金融公庫 7,000,000円
英会話スクール 埼玉 制度融資 3,600,000円
美容院 東京 制度融資 6,000,000円
運送会社 東京 日本政策金融公庫 3,000,000円
東京 制度融資 3,500,000円
宝石卸売り販売 東京 制度融資 1,5800,000円
東京 信金プロパー融資 10,000,000円
印刷 埼玉 制度融資 7,000,000円
埼玉 日本政策金融公庫 10,000,000円
かばん製造販売 埼玉 制度融資 3,000,000円
バー 東京 日本政策金融公庫 7,000,000円
英会話スクール 東京 制度融資 3,600,000円
美容院 東京 制度融資 6,000,000円

主な著作

公的創業融資を確実に引き出す本

公的創業融資を確実に引き出す本
(TAC出版2008.12) 第6刷目販売中

次の決算に間に合う銀行格付けup術

次の決算に間に合う銀行格付けup術
(TAC出版2011.08)

飲食店開業のための公的融資獲得マニュアル

飲食店開業のための公的融資獲得マニュアル
(TAC出版2014.07)

ターンアランドマネージャー2008.12号

ターンアランドマネージャー2008.12号
「多様化する資金調達のポイント」

2007.10~2008.02 連載

2007.10~2008.02 連載
「次の決算までに売上げと融資を確実にする方法」

ご融資申請 スケジュール

-Contents-

メディア執筆

2008年ドリームゲート融資部門

NO.1アドバイザー受賞

PAGETOP
Copyright © 119番資金調達NET All Rights Reserved.